初夏の訪れを感じさせる力作が並んだ「いけばな池坊展」=そごう徳島店

 華道家元池坊徳島県連合支部による第32回いけばな池坊展が15日、徳島市のそごう徳島店で始まった。アジサイやカキツバタ、葉物などを使い、みずみずしい初夏の訪れを感じさせる作品約310点が展示されている。18日まで。
 
 会場には、松と青葉のモミジ、ピンクのユリなどをバランス良く配置し、美しい野山の生命感を表した大作のほか、すだれやタペストリーなどと組み合わせた作品もあり、華やかな雰囲気に包まれている。
 
 同市城東町2の主婦、奥村長子さん(71)は「爽やかさを感じる季節の花がたくさんあって、心が癒やされました」と話した。
 
 入場料300円(高校生以下は無料)。17日は、中学生以下を対象にした生け花などの無料体験教室も開かれる。