小松菜奈・坂口健太郎のW主演を発表。藤井直人監督の新作映画『余命10年』(2022年春公開) (C)2022映画「余命10年」製作委員会

 女優の小松菜奈と俳優の坂口健太郎が、来春公開の映画『余命10年』(監督:藤井道人 脚本:岡田惠和、渡邉真子)でダブル主演することが発表された。初共演となる小松と坂口が演じる“かけがえのない2人で過ごす一瞬一瞬”を映し出した、藤井監督の透明感あふれる映像美とRADWIMPSの旋律がコラボする特報映像も解禁となった。

【動画】小松菜奈×坂口健太郎、映画『余命10年』特報

 映画の原作『余命10年』は、2017年の発売以来「切なすぎる小説」としてSNSなどで反響が広がり続け、累計発行部数50万部を突破した小坂流加さんのベストセラー。数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉(まつり)は生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていた。しかし、地元の同窓会で和人(かずと)と出会い、茉莉の10年は大きく動いていく。

 本作の茉莉と同様に難病を抱え本作の文庫化を待たずして亡くなった、原作小説の著者の遺した想いを引き継ぎ、茉莉役を全身全霊で演じた小松は、「私が彼女の人生を生きようと覚悟が決まった瞬間」について、次のように述懐している。

 「このお話しは、題名の通り、命のお話しです。もちろん、命なので軽いものではないからこそ、簡単には挑めないことも分かっていましたし、どのように伝え、どのように受けとられるのか、正直、私も演じる前はいろいろ考えました。でも、最後を見るのではなくその人が生きている過程をどう生きてあげるか。生きている証をどう刻むのか。その気持ち次第で見え方と演じ方が180°変わる、私が彼女の人生を生きようと覚悟が決まった瞬間です」。

 約一年という長期間にわたり、四季折々の美しい風景の中で撮影を敢行。小松は「息をする事さえも丁寧に向き合ってきました。カメラが回ってない時にも涙が止まらなかった事は今でも忘れません。自分じゃないのに自分の人生の中に2つの人生を歩んだ一年は本当に何にも変えられない変えることの出来ない、かけがえのない時間が詰まっています」と、語っている。

 一方、連続テレビ小説『おかえりモネ』に出演し、毎朝のように話題になっている坂口は、本作で茉莉と恋に落ち、茉莉を変えていくきっかけを作る和人役を演じ、「すごい瞬間を観た、確かに生きていた、と思った。 自分がそこにいる作品で、こんなに泣いたのは初めてでした。 改めて命を考える、一人でも多くの人に見てほしい作品になりました」と、コメントを寄せている。

 小松・坂口の現場で演技に挑む様子を見ていた楠千亜紀プロデューサーは、小松について「小松さんは、役に向き合うため一年間に及ぶ減量に取組み、私達はその姿をただ見守るしかありませんでした。茉莉として真剣に10年を生き切った彼女を見届けて下さい」、また坂口については「坂口くんは、本当に20歳から30歳までの10年間を撮影したかのように声や顔、目つきまでも変化させ、和人という難しい役柄を完璧に演じ切っていました」と、伝える。

 藤井監督も「小松さんと坂口くんと駆け抜けたこの1年間は、宝物のような時間でした。二人が演じた10年の月日が刻まれた『余命10年』を楽しみにしていて下さい」と、自信をのぞかせている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。