ネパール大地震の復興支援募金に協力する通行人=徳島駅前

 ネパール大地震の復興支援に取り組んでいる徳島ネパール友好協会は16日、徳島駅前で救援金の街頭募金活動を行った。
 
 ネパールから徳島市多家良町に農業研修に来ているカッカ・サントスさん(34)や会員14人が参加。「復興支援にご協力をお願いします」と通行人に呼び掛け、約2時間で10万7354円が集まった。
 
 協会は既に振り込みなどで寄せられた150万円を現地のネパール徳島友好協会に送っており、屋根修復の建築資材購入費などに充てられる。
 
 街頭募金は18日夕にも駅前で通勤・通学者らの帰宅時間に合わせて行うほか、今後も継続し、順次送金する。