【ワシントン共同】米FRBのパウエル議長は、来年半ばをめどに量的緩和の段階的縮小を完了させることが適切との考えを示した。