タモリがレスポールをかき鳴らす『ミュージックステーション』期間限定35周年記念キービジュアル(C)テレビ朝日

 テレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション』が1986年10月の放送開始から35周年を迎えることを記念し、10月15日放送の4時間スペシャルに向けて制作した期間限定35周年記念キービジュアルが公開された。

【画像】金ピカのタモリが走る『ミュージックステーション』35周年ロゴ

 司会者であり、自身もアーティストであるタモリがかき鳴らすエレキギターは、番組メインテーマを手がけたB’zのギタリスト・松本孝弘も愛用しているギブソンのレスポール。「やっぱり、音楽っていいよね」のキャッチコピーが印象的なビジュアルとなっている。

 テレビ朝日の小田隆一郎ゼネラルプロデューサーはこの期間限定ビジュアルについて「Mステ35周年のビジュアル展開を考える際、Mステのテーマ曲をギターで弾くタモリさんはインパクトがありそう…という話になり、今回の“ギタリストタモリ”を押し出す方針に決まりました」と説明。撮影現場では曲を流しながら撮影が行われ、「タモリさんはノリノリでポージングをしてくださって、カメラマンもシャッター切りまくりで、カッコいい写真を多数撮ることができました。その中から珠玉の1枚を厳選」したとしている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。