『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』後編主題歌「分かれ道」特別PR動画が解禁 (C)日本テレビ

 俳優の間宮祥太朗が主演し、2週にわたって放送される日本テレビ系ドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』。銀行強盗が鉢合わせ(!?)という、ありえない設定のサスペンスコメディーで、先週放送された前編では、そのカオスすぎる展開がSNSを中心に話題に。このほど、26日午後11時から放送される後編に向け、後編の主題歌・スカイピースの「分かれ道」を使った特別PR動画が23日、解禁された。

【動画】間宮祥太朗主演『バンクオーバー!』特別PR動画公開

 前編では、訳あって、とある地方銀行に銀行強盗に押し入った主人公・佐助(間宮)だったが、勢いよく押し入った先では、中東系とアフリカ系のいかつい男2人組が従業員に銃を突きつけ、まさに銀行強盗真っ最中。想定外の鉢合わせに、いきなりピンチになった佐助は、人質の一人・弁護士のさくら(上白石萌歌)の提案を受け、先客の強盗2人組に交渉を試みるが、彼らには言葉が全く通じない。しかも、この2人も強盗に至った深い“事情”を抱えており…。それぞれの、のっぴきならない“事情”が次々明らかになっていくというストーリーだった。

 楽曲についてスカイピースの☆イニ☆は「昔からの仲間が夢を諦めてしまって、止めてあげたいけど、自分に何ができるのか。どんな言葉を投げかけたらいいのか、そんな葛藤を描いている曲」と紹介。テオくんは「周りの人が何かを諦めてしまうという瞬間に出くわした時、あなたはどんな言葉をかけてどんな選択をしますか。自分がその人の側にいて、横にいてあげて、何ができるのかを考えた時に書いた歌詞です」とコメントする。

 後編では、登場人物全員が抱える、見た目からは想像できない「ウラ事情」が全て明らかになり、感動の大逆転劇の幕が開ける。伏線が一気に回収され、「超気持ちいい」衝撃のラストが待ち受けている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。