誹謗中傷は「絶対に許してはいけない」と語った水谷隼選手

 東京五輪・卓球混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼選手が24日、都内で行われた自身初の一般書『打ち返す力 最強のメンタルを手に入れろ』の出版記念会見を開催した。

【動画】誹謗中傷を受けたつらい思い出を語る水谷隼選手

 以前から「死ね」「クズ」などの誹謗中傷を受けていた水谷。東京五輪を通して、アスリートへの誹謗中傷が話題となったが、改めてこの問題について問われると「どんな時代でも誹謗中傷は良くない。誹謗中傷する側は絶対に許してはいけないと思う」とはっきりと訴えた。

 続けて「ここ1週間ほどの話ですが、SNSで『死ね』と言われました。普段は反応しないのですが、やられっぱなしが悔しくてスクショして『通報しました』と返事をしました。それでも(相手は)『え? なんで?』みたいな感じだったんです。攻撃側は軽い気持ちでやっているんですよね。自分の何が悪いのかも認識していない。受け取る側は深刻なダメージを受けているんだと、悪いことなんだという認識を広めないといけない」と、これからも誹謗中傷をしないよう発信し続けると誓った。

 さらに「攻撃側も、もし逮捕となったら人生をすごく損することになる。軽い気持ちで陥れたり、攻撃するということをどんどん減らしていきたい。そのような活動をしていきたいです」と語った。

 4大会連続でオリンピックに出場し、卓球界初の金メダルを日本にもたらした水谷。同書では、不正ラバー問題やけが、目の不調、誹謗中傷など多くの試練との戦い、ドイツ、中国、ロシアプロリーグでの激闘、それを支えたプロとしての稼ぎ方、人間関係のコツ、成果につながるプライベートでの過ごし方など、最強のメンタルの養い方などがつづられている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。