薬品をかけられるという虐待に遭ったボロボロの猫、虎吉(写真:ねこけんブログより)

 9月20日~26日は「動物愛護週間」。だんだんと動物愛護の意識が高まり、保護猫・保護犬を迎える人も多い日本だが、まだまだ動物虐待のニュースを目にする機会も多い。最近では、YouTubeの動画でも虐待を疑われるケースが相次いでいるという。その実態や背景について、NPO法人『ねこけん』代表理事・溝上奈緒子氏に聞いた。

【写真】「別猫みたい!」「よかった…」薬品かけられボロボロの猫が激変!顔デカが愛らしい虎吉の今

■真偽つかみにくい虐待動画、調査依頼をするには莫大な費用

 先日、沖縄在住と見られるYouTuber2名による猫の動画に批判が殺到した。その動画は猫の所有者が撮ったもので、一時的に猫を別の男性に預けていたようだという。動画で、ゴミの中から引きずり出された猫は、毛が剥がれ、血を流している。あまりの痛々しさに、それを見た多くの視聴者が警察に通報したそうだ。

 このような、動画にまつわる動物虐待はあとを絶たず、『ねこけん』にも「このYouTubeチャンネルで、猫を虐待しているのではないか?」という通報が数多く寄せられているという。

 「よく、“痩せた猫にエサをあげてみた”というような動画が配信されています。でも、毎日のようにガリガリの子猫に会うことは難しいはずですし、その猫ちゃんがすでに人慣れしている様子なのはおかしい。どう見ても、YouTuber自身が猫をガリガリのやせ細った状態にしてから、外に連れ出してエサをあげているように見えるのです。あくまで推測ですが、このような自作自演であれば、明らかに虐待といえる行為です」

 もちろん、すべてが自作自演とは限らず、本当に猫を救ったケースもあるだろう。だが、問題のある動画が近年増えていることは事実。とはいえ、こうした虐待をするYouTuberを特定することは、想像以上に難しいという。

 「YouTuberの所在地を調べるためには、弁護士に依頼する必要があります。弁護士を雇い、相談料、情報開示、成功報酬を合わせると、かかる費用はどんなに安く見積もっても60万円以上。しかも1件調べても、いたちごっこになってしまう可能性が高く、かつ虐待かどうか真偽もつかみにくい。私たちもなかなか前に進めないというのが現状です。本当は、そのような虐待の可能性のある動画はYouTube側に判断していただき、動画を上げさせないようにして欲しい。ただ先ほども言ったように虐待かどうか真偽を判断がしにくく、とても難しい問題なんです」
(※YouTubeは今年、「暴力的で生々しいコンテンツに関するポリシー」に、「準備された危ない状況にわざと動物を置いて救助するコンテンツ」を追加。これを許可せず、ポリシー違反であることを明記している)

 また、動画に限らず、ネット時代ならではの虐待問題も発生している。巨大掲示板『5ちゃんねる』(旧2ちゃんねる)では、ある液体をエサに混ぜて飲ませる猫の駆除法が考案され、この恐ろしい“レシピ”がネットで広く出回ってしまった。

 「それを食べた猫ちゃんは腎不全を起こし、すぐに死んでしまいます。作り方がネットで拡散されてしまったため、相当数の猫が死んだと思われます」

 一方、ここまで悪質ではなくとも、コロナ禍ならではの新たな虐待問題も顕在化している。

 「外出自粛やテレワークでストレスが溜まり、動物の虐待へと繋がるケースが増えているんです。在宅勤務となった旦那さんがイライラして猫に当たり、猫を心配した奥さんから相談されることが多くて…。その場合、必ずといっていいほど奥さん自身もDV被害を受けていますが、みなさん『自分は大丈夫だけど、猫ちゃんだけは助けてあげたい』とおっしゃいますね。そういう事情で飼い猫を引き取るケースが、最近は結構あります」

■「虐待かも」と思ったらどうすれは? 通報しても続く葛藤

 さまざまな事情によって起こる動物虐待は、一朝一夕には解決しない。では、もし周囲で虐待を疑う場面を目撃してしまった場合、どうすればいいのだろうか。「まずは警察や保健所に報告を」と言うが、それでもなかなか解決しないケースも多い。先に上げた沖縄の事例では、警察に通報されたものの「事件性なし」と判断され、結局猫は虐待を行った所有者に返されてしまったという。

 「警察は猫に対して、モノとしてしか取り扱ってくれないことが多いんです。動物愛護法にも詳しくないので、明らかに虐待とみられる行為をしていたにも関わらず、猫を所有者の元へ返してしまったんでしょう。保健所もなかなか重い腰を上げてはくれません」

 『ねこけん』では、現在進行中の虐待案件でも葛藤が続いている。

 「現在、私たちが動いている案件なのですが、生け簀の中に落ちたワンちゃんを2年も放置し続けている飼い主がいて。ワンちゃんは黒い雨水を飲み続けているような状態なんですが、保健所は虐待を認めてくれません。どうも、雨水を飲んでいるかが問題ではなく、犬が脱水しているかどうかが問題だということです」

 2年もの間、劣悪な環境にさらされた犬の命を一刻も早く救出するため、最終的にはSNSを活用する可能性もあると溝上氏は明かす。

 「脅しのように取られてしまう可能性もあるので、本当はそのような方法は取りたくありません。ですが最終的にはSNSで呼びかけ、多くの声が届いて保健所や警察が動いてくれるのを待つしかないのかなと思います。虐待かな?と不審に思ったら、まずは警察や保健所に通報するのが一番ですが、この犬のように、それでもダメな場合は動物愛護団体に相談してください。愛護団体ならば、どんな手を使っても助けようとしてくれますので、一番確実です。『ねこけん』も虐待の疑いがあれば、100%動きますから」

 愛護動物をみだりに殺したり、傷つけた者は5年以下の懲役または500万以下の罰金が科せられる。にもかかわらず、虐待された動物たちの悲しいニュースは今現在も続発している。

 「法が整備される前は、猫に石を投げたり、棒で叩いたり、動物への虐待が今よりも遙かに多かったと思います。でも今は、動物を虐待することは犯罪であるということが認知され、マスコミにも多く取り上げられるようになりました。そうすることで、虐待を見た人も『通報しなくては!』という認識が高まり、摘発される件数が増えたのだと思います。とはいえ、どこの国、どの時代にも動物を虐待する人は一定数いる。イギリスのように日本より厳しい罰則を定めても、虐待する人はどうしても出てきます。残念ですが、虐待をゼロにすることは正直、難しいと言うほかありません」

 厳しい現実の中でも、こうして一匹でも不幸な動物を減らすため、懸命に働く人たちがいる。私たちもこの「動物愛護週間」を機に、いま一度、命の大切さについて向き合うべきだろう。

(文:今 泉)


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。