群馬県の防災ヘリコプター墜落事故の追悼式が開かれ、建立された慰霊碑に献花する参列者=25日午前、群馬県中之条町

 2018年8月、群馬県の防災ヘリコプターが同県中之条町の山中に墜落、乗員の消防隊員ら9人が死亡した事故から3年が経過、県などが25日、追悼式を開いた。遺族や県、運航委託先だった航空会社の関係者ら約50人が参列、1分間の黙とうをささげ、新たに建立された慰霊碑の前に献花した。追悼式は8月に行う予定だったが、台風の影響で延期された。

 追悼の辞で山本一太知事は「二度とこのような事故を起こさぬよう、防災航空体制の再整備に全力を尽くす」と述べた。