第69回サンセバスチャン国際映画祭のジョニー・デップ。タキシードとシャツはキム・ジョーンズによるディオールのメンズコレクション (写真提供:クリスチャン ディオール)

 米俳優のジョニー・デップが、スペイン現地時間で22日、スペイン北部沿岸地域のバスク地方にある都市で開催された「第69回サンセバスチャン国際映画祭」のレッドカーペットに登場した。

【動画】ジョニー・デップ スペシャルインタビュー映像

 ジョニー・デップは、同映画祭のドノスティア賞(俳優、監督に贈られる生涯功労賞)を受賞。キム・ジョーンズによるディオールのメンズコレクションより、ブラックベルベットのノッチドラペルスーツにキャスケットを合わせた装いで授賞式に出席した。

 今月5日にフランス・ドーヴィルで開催された「第47回 ドーヴィル・アメリカ映画祭」には映画『CITY OF LIES』のメインキャストとして参加。精力的な活動ぶりがうかがえる。

 なお、日本では今月23日より、ジョニー・デップが製作/主演を務めた2018年製作の映画『MINAMATA-ミナマタ-』が公開中。1970年代の日本で水俣病に苦しむ人々を世界的フォトジャーナリストのユージン・スミスが取材し、その現実を世界に知らしめた実話を映画化したもの。ジョニー・デップがユージン役を演じ、真田広之、美波、加瀬亮、浅野忠信、國村隼らが共演している。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。