『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展のキービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社

 人気漫画『鬼滅の刃』初の原画展「『鬼滅の刃』吾峠呼世晴原画展」のグッズ情報が、公式ツイッターで公開された。

【写真】圧巻の柱集結クッション!公開された『鬼滅の刃』展のグッズ

 つながるアクリルパズルコレクション 第2弾(全54種(2個入り×27組)/ランダム)は、価格が各770円で、炭治郎、禰豆子、善逸、カナヲなど用意。アクリル名場面ジオラマコレクション(全10種)は、価格が各880円で、キャラクターアクリルフィギュア、ボールチェーン、専用台座、ステージシートの4点セット。

 クッションは価格が2200円で、表面は炭治郎たち4人、裏面は柱が集結したかっこいいクッションとなっており、その日の気分で裏や表にして楽しめる。Tシャツ(S/M/Lサイズ)は、価格が各3850円で、作者が描きおろしたキービシュアルを前面に大きく配置しており、背面首元には小さな炭治郎と禰豆子のワンポイントがある。

 展覧会では『鬼滅の刃』の作者・吾峠氏の想いの詰まった直筆原画を多数展示し、連載終了後も注目を集める作品の魅力、世界観を余すことなく伝えていく。展覧会コンセプトは「受け継ぐ」で、主人公・炭治郎たちが背負った宿命や試練、それを乗り越えようとする心の強さ。そして、物語を紡いだ全ての登場人物たちの想いを受け、未来へと語り継いでいく…作者の想いの詰まった『鬼滅の刃』直筆原画を堪能できる。

 10月26日から12月12日まで東京・森アーツセンターギャラリー、2022年7月14日から9月4日まで大阪・グランフロント大阪で開催される。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。