TVアニメ『鬼滅の刃』遊郭編の最新キービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 人気アニメ『鬼滅の刃』の第2期『鬼滅の刃』遊郭編の新情報が25日、発表された。フジテレビで12月5日より毎週日曜午後11時15分から放送がスタートする。また、あわせて追加キャラ・キャスト情報も発表され、上弦の陸の鬼・堕姫(だき)役は沢城みゆきが担当する。

【動画】堕姫のキャラボイス解禁!新情報続々の『鬼滅』2期の最新映像がこちら

 主題歌はAimerが担当し、タイトルはOPテーマが「残響散歌」、EDテーマが「朝が来る」。「朝が来る」は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」を手掛けた梶浦由記氏が楽曲提供している。

 また、『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』を10月10日午後11時15分より放送する。これは、竈門炭治郎立志編、遊郭編、それぞれと繋がるエピソードである無限列車編を、テレビアニメという形で全7話放送。煉獄杏寿郎が鬼殺隊本部を旅立ち無限列車へと向かう道中の任務を描いた完全新作エピソードの第1話からスタートし、第2話~第7話は、無限列車での任務を約70カットの新作追加映像や新規追加BGM、完全新作予告編、新主題歌とともに描く。

 テレビアニメ『「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌はLiSAが務め、オープニングテーマ「明け星」、エンディングテーマ「白銀」を歌う。

 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた漫画が原作で、コミックス累計1億5000万部を突破する人気作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。

 2019年4月から9月にかけてテレビアニメ第1期が放送され、人気に火が付き社会現象化、アニメの最終話からつながる映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が2020年10月より公開され国内の興行収入400億円を突破(※全世界興収500億円突破)する大ヒットとなった。

 第2期は映画の続きを描き、鬼殺隊最高位の剣士<柱>の一人、音柱の宇髄天元とともに炭治郎たちが、鬼の棲む遊郭に向かうストーリーとなる。フジテレビのほか、TOKYO MX、BS11など全国30局で放送される。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。