Netflixアニメシリーズ『アグレッシブ烈子』シーズン4、12月配信スタート(C)2021 SANRIO CO., LTD. TOKYO, JAPAN  SANRIO/TBS・FANWORKS

 Netflixアニメシリーズ『アグレッシブ烈子』シーズン4(英語名:Aggretsuko)の配信開始が2021年12月に決定。25日午後9時からYou Tubeで配信されたNetflix公式スペシャルイベント「TUDUM: A NETFLIX GLOBAL FAN EVENT」内でキービジュアルが公開された。

【画像】『アグレッシブ烈子』シーズン4、場面カット

 レッサーパンダをモチーフにしたかわいらしい見た目にも関わらず、上司や同僚への不満や鬱憤をデスメタルを歌うことで晴らす、OL烈子の日常を描くシリーズ。18年4月にシーズン1が配信され、本作で描かれる“あるある”が、日本だけでなく海外でも共感を呼び、20年8月からシーズン3が配信されている人気シリーズとなっている。

 シーズン4のストーリーは、 前回地下アイドルになった烈子が「OTMGirls」を辞め、“普通でいられることの幸せ”を楽しんでいる様子から始まる。 烈子に想いを寄せながらも良き同僚止まりのハイ田は、烈子との距離感を縮めたものの、なかなかその先に踏み込めないでいた。会社では、社長が病に倒れ、やり手とうわさされる外部取締役のヒムロが新社長となる。今シーズンの新キャラクターであるヒムロが、烈子や同僚たちの平穏な日常を揺るがしていく…。そして、ついに烈子とハイ田の関係が動き始めるのだが…。

 会社を舞台におなじみのキャラクターたちが大活躍するシーズン4。クスッと笑いながらも気が付けば目の離せない全10話(各話約15分)になりそうだ。

■スタッフ
原作:サンリオ
監督・脚本:ラレコ
アニメーション制作:ファンワークス
製作:「アグレッシブ烈子」製作委員会

■キャスト
烈子:Kaolip
ハイ田:加藤慎吾
鷲美:小岩崎小恵
ゴリ部長:鶴田真希
トン部長:荒井聡太
フェネ子:井上里奈
カバ恵:高橋ゆき
只野:佐々千春
シシド:宮内告典
ヒムロ:阿座上洋平


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。