『青天を衝け』第28回「篤太夫と八百万(やおよろず)の神」より(C)NHK

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第28回「篤太夫と八百万(やおよろず)の神」が、きょう26日放送された。

【場面写真】大隈重信の勢いに篤太夫も圧倒される

 今回、新政府から大蔵省への出仕を求められた篤太夫(栄一)は、直接断るため東京へ向かう。篤太夫は、伊藤博文(山崎育三郎)の案内で大隈重信(大倉孝二)を訪ね、早速辞任を申し出るが、大隈は“なぜ今新政府に、君が必要なのか”と立て続けに話し、篤太夫は完全に言い負かされる。一方、慶喜(草なぎ剛)は、ようやく謹慎を解かれ宝台院を出た。慶喜は「自分のことは忘れて日本のために尽くせ」と篤太夫に最後の命を下す。

 篤太夫の名を返上し、再び“渋沢栄一”と名乗り、新政府に仕官した栄一。皇城内で、大隈が会議に出席していたことから大蔵省だと勘違いし、岩倉具視(山内圭哉)や大久保利通(石丸幹二)、松平春嶽(要潤)らの前で、痛烈なダメ出しをしてしまう。そして、ここが大蔵省でないことに気づいた栄一は土下座をして、伊藤と大隈に連れられて、その場を後にした。

 SNSでは「コントグループ爆誕」「新入社員が初日早々にやらかしてしまった感」や「吉沢亮さんのコメディセンスが炸裂しまくってて最高」「吉沢亮はやっぱりコメディの才能に溢れてる」などのコメントが寄せられている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。