【北京共同】北朝鮮の金星国連大使は米東部時間27日、米ニューヨークで国連総会の一般討論演説を行い、朝鮮半島で対立が続く根本的な原因は北朝鮮に対する米国の「敵視政策」だと述べ、平和実現のためには米国が態度を変えなければならないと述べた。