県展・写真部門の審査をする立木義浩さん(右から2人目)=徳島市のあわぎんホール

 第75回徳島県美術展(県民文化祭開催委員会、県美術家協会、徳島新聞社主催)の7部門のうち、写真とデザインの審査が3日、徳島市のあわぎんホールであり、入賞・入選164点が決まった。今回は新型コロナ対策のため、全部門の審査が非公開で行われた。

 内訳は写真128点(応募461点)、デザイン36点(59点)。

 最も優れた作品に贈られる特別賞は、写真の徳島新聞社長賞が谷ひづるさん(61)=徳島市国府町日開、主婦=の「天空の棚田」、デザインの県議会議長賞は小川日菜(ひな)さん(18)=阿南市那賀川町中島、四国大1年=の「Never give up」にそれぞれ決定した。

 展覧会は3期に分かれ、第1期(日本画、洋画、彫刻)が6~11日、第2期(写真、美術工芸、デザイン)は13~18日、第3期(書道)は21~25日に開かれる。

(柏木康浩)

 写真、デザインの両部門の入賞・入選者は次の皆さん。

写真

 【徳島新聞社長賞】谷ひづる(徳島市国府町日開)「天空の棚田」

 【特選】姫野博司(阿南市那賀川町中島)「強雨」、住友登(勝浦町沼江)「19の春」、西岡まゆみ(徳島市南佐古七番町)「手仕事のこだわり」

 【準特選】高橋一恵、賀川泰廣、平島久嗣、井上康子、信田幸一、田中伸廣、田上吉輝、阿部啓三、八木英一

 【奨励賞】大津勝治、水口義行、ふじをかひでかづ、三谷美津子、庄野里美、山上道子、井上憲治、山上堯

 【入選】木内正大、川眞田慶治(2点)、井奥清次、野田賢、大島茂信(3点)、板東よしお、三谷美津子(2点)、水口ゆみ、武田幸代、姫野博司、遠藤博敏、山下修司、八木英一、福井邦博(2点)、佐治孝、福田勉(2点)、松浦孝、河野俊文、泉清美、水口義行、岡三希生、近藤博之、圓藤由貴子、加藤敬二(2点)、大塚尚、鍋島治世子(2点)、山田喜吉、賀川泰廣、林和彦(2点)、藤本祐二、佐藤美智子(2点)、池田啓子、佐々木正、庄野里美、竹内一雅(2点)、岡本満幸(2点)、古岡友子(4点)、福原敏雄、秋山修一、阿部啓三(2点)、吉田隆之、森内昭男、野藤敏美(3点)、幾田茂仁(2点)、田上吉輝(2点)、鈴江純史、大津勝治(4点)、柏原史郎、西岡まゆみ、秋田召旨、中野みどり(2点)、加藤郁代、安丸弘二(2点)、山上堯、山上道子、河野悟子(3点)、吉村敏嗣(4点)、谷合宗、笠井孝純(2点)、善成敏子、熊谷美智子(2点)、廣野美知子(3点)、田中伸廣、小原英児(2点)、高橋一恵(2点)、国見良幸、井口洋明、久保朋也(2点)、谷ひづる(2点)

デザイン

 【県議会議長賞】小川日菜(阿南市那賀川町中島)「Never give up」

 【特選】山本愛莉(徳島市南島田町4)「STOP! GLOBAL WARMING」

 【準特選】岩佐桃花、坂田七海、佐藤あすか

 【奨励賞】吉村敏嗣、粟飯原稜、山崎百絵

 【入選】松島早紀、斎藤信子、枋谷日菜子、花菱良一、藤井ひなた、槇尾巴那、山野井宏宗、信田幸一、佐藤あすか、米田遥、熊谷美智子、大東かのん、高橋陽愛、田岡紗季、田中公代、渡邊加奈、福本光琉、小林鈴花、黒田結梨華(2点)、山本心結、森木彩巴、林心愛、笹橋菜那、圓藤美希(2点)、天羽姫凛、溝口明日香