フィンランド発の配達サービス「Wolt(ウォルト)」が、11月4日から徳島市で料理の配達サービスを始める。徳島県内への進出は初めてで、四国では愛媛、香川両県に続いて3番目。宮崎県でも同日に開始し、21都道府県での展開となる。

 配達エリアは吉野川、鮎喰川などに囲まれた徳島市中心部周辺になる。開始時点で和食や中華、焼き鳥、パン、スイーツなどの飲食店約45店舗が参加し、地元店が大半を占めるという。エリアや加盟店は順次拡大する予定。料理代金(最低千円)に加え、配達料(1キロ以内99円から)が必要。営業時間は午前11時~午後9時。

 ウォルトは2014年にフィンランドで創業し、23カ国で展開。日本では20年3月の広島県を皮切りにエリアを拡大してきた。食事だけでなく、スーパーやコンビニ、百貨店と提携して雑貨や家具なども配達している。

 同社の日本法人は「阿波牛、阿波ポーク、阿波尾鶏を使った肉料理や、徳島ラーメンなど、地元の味をお楽しみください」としている。

(粟田俊哉)