徳島県立中央病院(徳島市)は15日、90代男性患者の肝臓がんの所見を担当医師が見落とし、治療開始が8カ月遅れる医療事故があったと発表した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。