福島第1原発の事故後初めて町内で開かれた成人式で、笑顔を見せる福島県大熊町の新成人。全国から46人が集まり、久しぶりの再会を喜んだ=16日午後、福島県大熊町

 東京電力福島第1原発事故によって全町避難した福島県大熊町は16日、原発事故後初めて町内で成人式を開いた。2019年に町の一部地域で避難指示が解除され、ホールを備えた交流施設も今年建設されたことから、10年ぶりに古里での式典が実現した。

 町によると、これまで避難先の同県会津若松市やいわき市で開催。今年も1月にいわき市で開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大のため延期となり、その間に交流施設が完成した。

 式典には、事故当時小学4年だった新成人134人のうち46人が全国から出席。晴れ着姿で友人との久しぶりの再会を楽しんでいた。