阿南つどいクラブ対石井町スポーツ協会500 7回表2死満塁、石井の滝上博文さんが走者一掃の3点適時打を放つ=豊饒の杜グラウンド

 第7回西日本500歳野球大会(阿南市、徳島新聞社主催)が17日、同市桑野町のJAアグリあなんスタジアムなど県南4グラウンドで開幕した。強風が吹き付ける肌寒い日となったが、徳島、香川両県の6市6町から過去最多の21チームが出場し熱戦を繰り広げた。

 1、2回戦計13試合があり、徳島GOクラブ(吉野川市)や桑野体協実年(阿南市)など県勢7チームと、昨年優勝した三木クラブ(香川県)が8強入りした。23日にアグリあなんスタジアムと福井グラウンド(阿南市橘町)で準々決勝4試合と準決勝2試合を行う。