スパイクを決めるサントリーのムセルスキー=4月、船橋市総合体育館

 バレーボールのVリーグ男子1部のサントリーは18日、2012年ロンドン五輪金メダリストで元ロシア代表のオポジット(セッター対角)、ドミトリー・ムセルスキー(32)がドーピング違反で活動停止となったと発表した。15日に開幕した今季リーグに出場選手登録されていなかった。

 サントリーによると、13年5月の検査で違反が判明したため、国際バレーボール連盟から今年4月5日から来年1月4日まで、選手活動の一時停止の通知を受けた。ムセルスキーは218センチの長身を生かしたプレーで昨季の優勝の原動力となった。