半々チャーハン 300円

オープン:2011年7月28日
店主:後藤照治
住所:徳島市津田本町2丁目3ー46
TEL:090ー6535ー4523
営業時間:午前11時~午後2時 ※売りきれ次第終了
定休日:火曜 ※祝日は営業
駐車場:9台
席数23席(カウンター7席、テーブル4人×2席、座敷4人×2席)
箸の種類:割り箸
備え付けアメニティー:ウエットティッシュ
スープのベース:豚骨、鶏がら
麺:細麺ストレート
主な具材:豚バラ肉、もやし、たけのこ、青ネギ

徳島市津田本町2の支那そばたかはし

〔主なメニュー〕
 支那そば
  大650円(肉大750円、肉玉大800円) 小550円(肉小650円、肉玉小700円)
 お子様そば 300円

〔サイドメニュー〕
 チャーハン 半々300円 半550円 中1000円 大1150円 ※半々、半は支那そばとセットのみ
 めし 大150円 小100円
 たまご御飯 200円

〔メモ〕
 徳島市入田町にあった人気ラーメン店の常連客だった相田秀司さん(38)が味を引き継ぎたいと店に弟子入り。先代から屋号とレシピを譲り受け、別のラーメン店で修業していた同級生の後藤照治さん(38)とともに開店した。

支那そば小(550円)

 看板メニューの支那そばは元祖徳島ラーメンともいわれる茶系。スープは豚足と鶏がらをじっくりと煮込み、継ぎ足し続けている。かえしにはたまりしょうゆと支那そば専用のしょうゆをブレンドしており、濃い茶褐色の見た目とは裏腹に、スープを飲むとあっさりとしていてコク深い。豚バラ肉、もやし、たけのこ、青ネギがトッピングされている。

 店に来たらぜひ注文してほしいのが、あまりに大盛り過ぎるチャーハンだ。米3・5合を盛り付けた半々サイズからあり、6・5合の半サイズ、10合の中サイズ、13合の大サイズがある。

 以前から超大盛りだと注目を集めていたが、10月19日放送の日本テレビ系バラエティー番組「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」(火曜午後7時)に取り上げられることになり、テレビで予告が流れ始めたことから来店者が急増。チャーハンの注文数が増え、1日に100合のチャーハンを作っても売り切れてしまうほどの人気ぶりだ。

 

 今回注文したのはテレビでも紹介された半々サイズ。約1・3キロあり、直径15センチの皿に、高さ10センチほどのチャーハンが盛り付けられている。当初は通常より少し大きなサイズだったが、「たくさん食べて喜んでほしい」との思いで少しずつ量が増えていったんだとか。

 あらかじめごはんに卵をコーティングしてから炒めるため、パラパラとした仕上がり。高く積まれているため、レンゲで食べ進めていても湯気が出るほど熱々なのがうれしい。

 後藤店長は「店としては正直しんどいところもあるが、コロナ禍でバイトができない学生や力仕事をしている職人さん、家族連れら多くの人におなかいっぱい食べて喜んで帰ってほしい。残ったらパックに詰めてぜひ夜ごはんにしてください」と笑顔を見せた。

 チャーハンの注文は1グループ1皿まで。半々サイズと半サイズはラーメンとのセットのみ受け付けている。

徳島市の「支那そば たかはし」で記者が鬼盛りチャーハンに挑戦!!【動画】https://youtu.be/U4H6UrTergw