広島の佐々岡監督(右)からドラフト1位指名のあいさつを受け、ポーズをとる関学大の黒原拓未投手=19日、兵庫県西宮市

 広島からドラフト1位指名された関学大の黒原拓未投手が19日、兵庫県西宮市のキャンパスで佐々岡監督らからあいさつを受けた。「新人王を目標に、これから一日一日を大切に過ごしていきたい」と力強く語った。

 最速151キロの速球と切れのあるカットボール、チェンジアップが魅力の左腕投手。佐々岡監督のサインが入ったドラフト会議の入場パスが贈られ「即戦力として期待しているからと言っていただいたので、何とか期待に応えられるように頑張りたい」と決意を新たにした。

 起用法は未定ながら佐々岡監督は投げっぷりやフォームのバランスの良さを評価した。