支持者と拳を合わせる候補者=松茂町内(画像の一部を加工しています)

 4年ぶりとなる衆院選が公示された19日、県内2小選挙区に7人が立候補を届け出て、戦いの火ぶたが切られた。マスク姿の候補者は出陣式などで第一声を上げた後、選挙カーや自転車で各地を巡った。新型コロナウイルス対策や経済再生、9年近くに及んだ安倍・菅政権への評価などを争点に、それぞれの主張を繰り広げた。 

■2区

中野真由美候補(立民・新)

 午前8時半から吉野川市鴨島町の選挙事務所前で出発式を行った。「傲慢(ごうまん)で不透明な今の政治をぜひ変えてほしいと託されている。責任の重さをしっかりと握り締めて頑張りたい」と決意表明。ガンバロー三唱で気合を入れ、選挙カーに乗り込んだ。

 吉野川北岸へ渡り、阿波市から板野郡へ。主要道の交差点でマイクを握り、女性候補者であることを強調しながら、障害者教育やジェンダー平等に力を注ぐと訴えた。自宅のある北島町では、住宅街を巡って「地元の中野です」とアピールした。

久保孝之候補(共産・新)

 午前9時、板野町川端の選挙事務所で出発式を開いた。「これまでの政治を続けていては、私たちの暮らしは守れない。今度の選挙で新しい政治をつくろうではありませんか」と政権交代を訴えた。

 板野郡5町と鳴門市内を巡り、通行人やドライバーらに手を振ってアピール。スーパー前や交差点などでは車から降りてマイクを握り、「新型コロナウイルスの感染爆発や医療崩壊の責任は自公政権にある」などと強調し、PCR検査の無料化や公的・公立病院の病床削減計画撤回などを主張した。

山口俊一候補(自民・前)

 午前8時半から松茂町の菓子製造会社駐車場で出陣式を開き、医療体制の強化や経済の立て直しなどを訴えた。野党第1党から公認候補が出馬したことに触れ、「皆さんと一緒に戦い抜いて、何とか勝利をものにさせていただきたい」と声を張った。

 選挙カーで吉野川北岸を西へ向かった。住宅街、商業施設周辺の沿道や車内から手を振ってくれる人を見つけては、熱心に応じた。農産物直売所などでマイクを握ったほか、夜は地元の三好市池田町でも出陣式を開いて支持を呼び掛けた。

これからの徳島を考える―徳島新聞選挙サイトはこちら