衆院選の期日前投票をする有権者=20日午前、徳島市役所

 衆院選の期日前投票が20日、県内の市町村で始まった。期間は投開票日前日の30日まで。

 徳島市は、市役所本館1階の国際親善コーナーに期日前投票所を開設した。午前8時半の受け付け開始直後から有権者が訪れ、小選挙区と比例代表、最高裁判所裁判官国民審査の順に投票を済ませた。受け付けが終わる午後8時までに投票したのは721人で、2017年10月の前回衆院選の571人を上回った。

 市では市役所のほか、25日からふれあい健康館など4カ所に午前9時~午後6時、28日からイオンモール徳島4階イオンホールに午前10時~午後7時、期日前投票所を開設する。28、29両日は徳島大常三島キャンパスの地域創生・国際交流会館3階共用室で午前10時~午後5時に設ける。

 病院や福祉施設での不在者投票、海外在住の日本人が対象の在外投票の受け付けなども20日から始まった。

これからの徳島を考える―徳島新聞選挙サイトはこちら