19日、グアテマラ市の議会周辺で、燃える車を消火する消防隊員と警察官(AP=共同)

 【ボゴタ共同】中米グアテマラからの報道によると、首都グアテマラ市で19日、退役軍人らが議会の敷地に乱入し、恩給を求めて駐車場の車に火を付け、投石するなどの騒ぎを起こした。現場にいた記者や警官ら十数人が負傷した。乱入した数人が逮捕された。

 退役軍人らは1996年まで続いた内戦の恩給を認めるよう議会に要求、付近でデモを行っていた。一部が扉を破壊して敷地に乱入。山刀を持っている者もいたという。議会内にいた議員や閣僚らは一時身動きが取れなくなった。