第48回衆院選が19日公示され、徳島県内の2小選挙区では前職2人、元職1人、新人4人が立候補した。
 徳島1区で立候補した無所属新人の佐藤行俊氏(73)は届け出後、報道陣を前に自身の考えを訴えた。人工知能(AI)で登場回数や特異性を分析する「AIテキストマイニング」で読み解いた。

 
 

さとう・ゆきとし 名西高卒。無職。15年の石井町議選と19年の同町長選に出馬し、いずれも落選した。石井町石井。

■【訴え】天皇制と自衛隊を全廃 

 天皇制と自衛隊を全廃しましょう。天皇や自衛隊に税金が無駄に使われているのです。憲法を改正し、天皇制を廃止して、自衛のための軍備、軍隊を全廃して非武装・戦争放棄の日本になる。それが最善です。安全保障は他国が満足する外交をしていけばよいでしょう。
 新型コロナウイルス対策は経済よりも感染数を減らすべきです。感染者が減ってから経済対策を開始します。
 エネルギーは地熱発電を盛んにしていきましょう。原発は絶対にいりません。原発は絶対に危険です。
 国会議員の半分を女性に割り当てるべきです。夫婦別姓は大賛成です。同性婚も大賛成です。

■【戦う顔】天皇制廃止訴え39年

 39年間、天皇制廃止を訴えるメッセージのプラカードを身に着け、スカートをはいて石井町の自宅から徳島市内まで自転車を走らせる。独特の身なりから、「天皇イランおじさん」として知られる。
 天皇制について「差別の原因になっている。人は平等であるべきだ」と言い切る。「軍備があるから戦争が起きる」と自衛隊の廃止も主張。自身の思想を実現するため、憲法改正の必要性を強調する。
 高校生の時、天皇制の在り方を問う本を読み、廃止論者となった。自説を報道各社に投稿するも採用されず、自ら世論に訴え始めた。石井町議選、町長選に立候補したこともある。周囲が反対しても「自分が正しいと思ったことを実行するだけ」とぶれない。
 食事は全て自炊という倹約家。韓国と中国のテレビドラマを見るのが心休まるひとときだ。「選挙で忙しくて最近はご無沙汰だけど、すごく面白くてね」と笑った。

■【候補者に聞く 新型コロナ対策】経済より感染減に力

 経済よりも感染者を減らすことに力を入れます。感染者が減ってから経済対策を開始します。

■【候補者に聞く 経済対策・雇用確保】天皇制と自衛隊廃止

 天皇制と自衛隊を廃止するべきです。天皇や自衛隊に税金が無駄遣いされているのです。

■【候補者に聞く 環境・エネルギー】原発危険地熱発電に

 地熱発電を盛んにしていくべきです。原発は絶対にいりません。原発は絶対に危険です。

■【候補者に聞く ジェンダー平等】夫婦別姓・同性婚賛成

 国会議員の半分を女性に割り当てるように取り組みます。夫婦別姓は大賛成です。同性婚も大賛成です。

■【候補者に聞く 税財政】天皇と自衛隊は無駄

 天皇制と自衛隊を廃止するべきです。天皇や自衛隊に税金が無駄に使われているのです。

■【候補者に聞く 憲法改正】天皇制と自衛隊廃止

 憲法は改正するべきです。天皇制を廃止し、自衛隊も全廃して非武装・戦争放棄の日本になる。それが最善です。

【候補者に聞く 安全保障】他国が満足の外交を

 安全保障は天皇制と自衛隊を全廃して、他国が満足する外交をしていけばよいと考えます。

■【候補者に聞く 地方活性化】衰退受け入れ生活を

 地方の衰退もよいではないですか。のんびり暮らしましょう。

これからの徳島を考える―徳島新聞選挙サイト「衆院選特集」