藤田菜七子騎手

 17日の新潟競馬第2レースの騎乗中に負傷し、左鎖骨骨折と診断された藤田菜七子騎手(24)は19日、茨城県内の病院で手術を受けた。20日、師匠の根本康弘調教師が明らかにした。

 負傷は昨年2月の小倉競馬で落馬、骨折したのと同じ箇所で、埋め込んだプレート除去手術を先月に受けたばかり。今回はプレートに加え、自身の骨の一部を移植したという。根本調教師は「今後のことは何も決まっていない。(復帰は)傷が治って1カ月は調教騎乗をしないと。今は落ち込んでいるし、一番は気持ちの問題」と語った。