東京六大学野球リーグ第5週第4日は20日、神宮球場で2回戦1試合が行われ、慶大が法大と九回規定により0―0で引き分けた。慶大は4勝4分けのポイント6で首位、法大は3分け3敗の同1・5。

 慶大は3投手の継投で得点を許さなかった。法大はドラフト会議でヤクルト1位指名の山下輝が3安打に抑え、最後まで投げた。