皆さんはラーメン店に行ったら何を注文しますか? やっぱり徳島ラーメンとご飯の組み合わせは欠かせませんよね。チャーハンやギョーザなどのサイドメニューはラーメンのお供にぴったりです。今回の「週末どうする?」は、ラーメンと一緒に食べたいサイドメニューが充実したお店を集めました。

 あまりにも大き過ぎるチャーハンとして人気の「支那そばたかはし」が、テレビ番組に取り上げられて再注目されています。一番小さな半々サイズでも3・5合とサイドメニューらしからぬ量。仕事や部活の合間にがっつり食べるのもあり、家族で分け合うのもお薦めです。

 ほかにも自宅で簡単に調理できるギョーザを無人販売する「餃子の香月」などを紹介しています。ぜひお読みください!

■テレビで再注目!3合超えの超大盛りチャーハン 学生や働く人に満腹になってほしい 支那そばたかはし=徳島市津田本町

半々チャーハン 300円

 徳島市入田町にあった人気ラーメン店の常連客だった相田秀司さん(38)が味を引き継ぎたいと店に弟子入り。先代から屋号とレシピを譲り受け、別のラーメン店で修業していた同級生の後藤照治さん(38)とともに開店した。

 

■話題の無人餃子店が5月29日、2号店を石井町にグランドオープン

調理したギョーザ(同店提供)

 外食チェーンのふじや(徳島市)は石井町に県内2店舗目となる無人冷凍ギョーザ販売店「餃子(ぎょうざ)の香月石井店」を5月28日にプレオープンし、翌日29日にグランドオープンした。

 

■徳島ラーメンにほれ込んだ店主が作り上げた濃厚&スッキリ、極厚チャーシューの進化形 麺屋 釜田=石井町

 

 2020年11月8日にオープンした「麺屋 釜田」は、徳島ラーメンの濃厚な味わいはそのままに、脂っこさを抑えたスッキリとした後味を実現しており、女性リピーターも多い。

 

■鶏のうま味がギュギュギュッと詰まった淡麗スープは優しい味わい 鶏料理専門店 ひょっとこ=移動販売

 

 徳島県産の鶏肉を使ったラーメンや唐揚げを、キッチンカーで県北部のパチンコ店駐車場などに出店して販売している。看板メニューの鶏塩ラーメンは、鶏肉をこまめにあくを取りながら煮出したスープに鳴門産の塩を合わせており、あっさりとした優しい味わい。

 

■10種のスパイス×りんごジュース ラーメン店ならではの隠し味もプラス 支那そば きわみ軒(北島町)

スパイスキーマカレー

 豚骨醤油ベースの「ぶたそば」が看板メニューのきわみ軒。脂分を抑えた国産豚ガラを使用し、さっぱり飲み干せるスープに仕上げている。かえしに塩ダレと醤油ダレを合わせた「黄系ラーメン」や、ニラみそとんこつ、濃厚タンメンなどが並ぶお品書きの中、異彩を放つのが「スパイスキーマカレー」だ。