姫野和樹

 日本ラグビー協会は21日、秋シーズンのテストマッチ初戦となるオーストラリア戦(23日・昭和電工ドーム大分)の日本代表登録メンバーを発表し、ナンバー8の姫野(トヨタ)や6、7月の代表活動を辞退したSH流(東京SG)らが先発入りした。ワールドカップ(W杯)2大会で主将を務めたフランカーのリーチ(BL東京)は控えとなった。

 フランカーはラブスカフニ主将(東京ベイ)とガンター(埼玉)が先発に名を連ねた。SOは松田(埼玉)が出場し、田村(横浜)は控えでスタートする。オンラインで記者会見したジョセフ・ヘッドコーチは「私たちにとって大きなチャレンジだ」と話した。