東京六大学野球リーグ第6週第2日は24日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、明大が立大に5―4の逆転サヨナラ勝ちで連勝し、4勝2分け2敗のポイント5とした。立大は同5・5で終えた。法大が最下位確定の東大と0―0で引き分けて同3とした。

 明大は3―4の九回2死二、三塁で丸山が中越えに殊勲の2点打を放った。法大、東大はともに2投手の継投で得点を許さなかった。