表原市長(左)から優勝旗を受け取る徳島GOクラブの代表

 第7回西日本500歳野球大会(阿南市、徳島新聞社主催)最終日は24日、阿南市桑野町のJAアグリあなんスタジアムで決勝が行われ、徳島GOクラブ(吉野川市)が8―2で桑野体協実年(阿南市)を下し、初優勝を飾った。両チームは、来夏に秋田県大仙市で開かれる第4回全国500歳野球大会の出場権を獲得した。50歳以上の選手たちが元気いっぱいの熟練プレーを繰り広げた3日間の戦いに幕を下ろした。