東京電力によると、25日午後5時半ごろ、新潟県の柏崎刈羽原発1号機周辺でケーブルが焦げているのを同社社員が発見し、119番した。放射性物質の外部への漏れはないという。