日立製作所が27日発表した2021年9月中間連結決算は、純利益が前年同期比で28・6%増の3224億円だった。中間期としては過去最高。注力するITや環境関連事業が堅調で、米IT企業グローバルロジックの買収効果もあった。

 売上高に当たる売上収益は28・5%増の4兆8326億円で、本業のもうけを示す営業利益は71・5%増の3100億円だった。自動車関連事業では、半導体不足が影響した。

 22年3月期の業績予想に関し、売上収益は9兆7千億円に上方修正したが、純利益は5500億円に据え置いた。