投票用紙を点検する徳島市職員=市役所

 31日の衆院選投開票を前に、徳島市選挙管理委員会は27日、市役所で投票用紙を点検した。

 投票事務を担当する市職員約250人が、市内の63投票所ごとに用紙の枚数を確認した。計数機を使って500枚ずつの束にまとめ、各投票所の必要枚数をそろえた。

 点検したのは小選挙区、比例代表、最高裁判所裁判官国民審査の3種類で、期日前投票の見込み分などを除く各約13万枚。用紙は市選管が保管し、投開票日の前日に各投票所の責任者に渡す。

 18日時点の市の有権者数は21万2378人(男9万9647人、女11万2731人)。

これからの徳島を考える―徳島新聞選挙サイト「衆院選特集」