日銀は金融政策決定会合後に公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、2021年度の実質国内総生産(GDP)成長率が前年度比3・4%になるとの見通しを示し、7月時点の予想から下方修正した。