第62期王位の就位状を手にする藤井聡太王位=28日午後、東京都千代田区(代表撮影)

 将棋の第62期王位戦7番勝負で勝利し、初防衛を果たした藤井聡太王位(19)=叡王・棋聖を合わせ三冠=の就位式が28日、東京都内で開かれた。謝辞で藤井王位は「序盤で形勢を損ねた将棋が多く、課題が見つかったシリーズだった。そこを見つめ直して前に進めたらと思う」と述べた。

 主催者あいさつの後、就位状、賞杯、賞金目録などが贈られた。花束を手渡した師匠の杉本昌隆八段(52)。祝辞で「活躍は楽しみでしかない」と弟子の就位を喜んだ。

 式後、記者会見に臨んだ藤井王位は「トップとの対戦が多いが、発見がある。改善して成長していきたい」と語った。