阿佐東線の車両に飾り付けられたてるてる坊主

 海陽町と高知県東洋町を結ぶ阿佐東線で9日、てるてる坊主を飾り付けた列車の運行が始まり、乗客の目を楽しませている。
 
 展示されているのは、東洋町商工会青年部が同町で6日開いたイベントに児童や園児らが出品した約30点。ビニール袋や紙、布などにサインペンで顔を描いたりセロハンや色紙を貼ったりしたユニークな作品が天井にずらりと並ぶ。
 
 奈良県大和郡山市の無職友清仁さん(66)は「それぞれ個性があってどれもかわいらしい。晴天を願う子どもたちの気持ちが伝わってきた」と話していた。展示は30日まで。