徳島新聞社杯郡市対抗ゴルフ大会で、力強いショットを放つ選手=徳島カントリー倶楽部月の宮コース

 ゴルフの第43回徳島新聞社杯郡市対抗大会(徳島新聞社主催、県ゴルフ協会、四国放送後援、ダンロップスポーツマーケティング協賛)が10日、徳島市入田町の徳島カントリー倶楽部月の宮コース(6478ヤード、パー72)で開幕した。11日まで予選ラウンドがあり、過去最多の41チーム、328人が7月2日に行われる決勝ラウンド進出を目指す。
 
 初日は、7市5郡の20チーム、159人が出場。薄雲が広がったものの、強い日差しが照りつける中、選手は午前8時からアウトとインに分かれて次々にスタートし、豪快なショットを放っていた。
 
 11日は21チーム、168人が参加する。1チーム8人で、上位7人のスコアを合計して競う。決勝ラウンドには、両日の上位10チームが進む。
 
 大会は今回から全国都道府県対抗アマチュア選手権(10月21、22日・佐賀県北山CC)の徳島県予選を兼ねている。事前に申し込みをした選手のうち、決勝ラウンドのグロス上位3人が出場できる。