疑似体験し症状理解  ゴーグル型の端末を着けると、ビルの屋上に立っている自分がいた。転落しそうで、足がすくむ。にもかかわらず、付き添いの介護職員から「さあ、足を出して」「大丈夫ですよ」と促される。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。