新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に向け、徳島県内の自治体で準備が進んでいる。12月に全自治体の半数以上で医療従事者への接種が始まり、65歳以上の高齢者への接種は来年2月に本格化する見通し。1、2回目の接種では予約受け付けを巡り混乱もあったことから、各自治体ではさまざまな工夫を凝らしている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。