徳島県が新ホール整備を機に打ち出したJR牟岐線への新駅設置構想が議論を呼んでいる。県は高齢者や障害者らのアクセス向上、渋滞緩和などを狙うのに対し、一部の県民からは「徳島駅から歩いて10分の距離に必要なのか」といった疑問の声が上がっている。構想の表明から1年。これまでの検討状況などをまとめた。

徳島駅から南650メートル、本線西側
 構想は、昨年12月3日の県議会で飯泉嘉門知事が突然表明した。徳島市文化センター跡地などに整備する新ホールの隣に新駅を設置し、市役所や徳島中央署、徳島税務署、城東高校など周辺の施設利用者の利便性向上も図る考えだ…