ヘンリー王子(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】英国のヘンリー王子は1日の世界エイズデーに合わせて世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長らに宛てた書簡で、新型コロナウイルスワクチンの公平供給で「劇的な失敗」を目の当たりにしていると指摘し、ワクチン接種での先進国と発展途上国の格差是正を訴えた。

 ヘンリー王子は、エイズ治療を巡る医療格差を引き合いに「命の価値が先進国に生まれるか途上国に生まれるかで決まってしまうことが、この1年で再び明らかになった」と強調。ワクチン格差を是正できなければ「次世代を裏切ることになる」と警鐘を鳴らした。