徳島対湘南 1―0で湘南に勝利し笑顔を見せる徳島の選手たち=11月27日、神奈川県平塚市のレモンガススタジアム

 サッカーJ1で17位の徳島ヴォルティスは4日午後2時から、鳴門ポカリスエットスタジアムで今季最終節の広島戦に臨む。15位清水、16位湘南との三つどもえとなった残留争いは、勝ち点39の清水を同36の湘南と徳島が追う状況で最終節までもつれ込んだ。

 徳島の残留条件は①徳島が勝った上で、清水が敗戦(勝ち点で並び得失点差で徳島が上回る)または湘南が引き分け以下の場合②徳島が引き分け、湘南が敗れた場合。徳島、湘南のいずれもが負けた場合、得失点差で上回れば残留できるが、徳島マイナス19、湘南マイナス5という数字を考えれば現実的ではない。

 清水はホームで11位C大阪、湘南はアウェーで13位G大阪と、3チームとも中位との戦いとなる。前半戦では清水は1―2でC大阪に敗れ、湘南は0―0でG大阪と引き分け。徳島は1―0で広島を下した。湘南は東京五輪で活躍したGK谷晃生が期限付き移籍元のG大阪との試合に出られないことがハンディとなり、徳島の追い風となるか。