大鳴門橋のさまざまな光景を捉えた写真に見入る来場者=鳴門市の大鳴門橋架橋記念館エディ

 大鳴門橋周辺のさまざまな風景写真を集めた「大鳴門橋・鳴門公園思い出写真展」が鳴門市鳴門町の大鳴門橋架橋記念館エディで開かれている。開通30周年を記念し、同館が企画した。
 
 展示されているのは、夕焼けに染まる架橋前の鳴門海峡の風景をはじめ、起工式や建設が進む様子、開通式でのパレードの模様などを写した48点。本州四国連絡道路(神戸市)が提供した。
 
 岡山市から夫婦で来ていた忠田正樹さん(68)は「渦潮も写っていて、鳴門らしいのがいいですね」と話していた。写真展は8月末まで。問い合わせは同館<電088(687)1330>。