【リレハンメル共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は3日、リレハンメルで個人第3戦(ヒルサイズ=HS98メートル)の予選が行われ、高梨沙羅(クラレ)は86・5メートルを飛び、104・0点の13位で4日(日本時間5日未明)の本戦に進んだ。高梨は「アプローチ(助走路)での進み方が、最近はうまくいっていない。冬のレールにいまひとつ乗り切れていない自分がいる」と課題を口にした。

 岩渕香里(北野建設)は17位、勢藤優花(北海道ハイテクAC)は30位、伊藤有希(土屋ホーム)は39位で通過。岩佐明香(大林組)は43位で予選落ちした。