天元戦第4局で初手を打つ関航太郎七段(左)。右は一力遼天元=6日午前9時、兵庫県洲本市、「ホテルニューアワジ」

 囲碁の一力遼天元(24)に関航太郎七段(20)が挑戦している第47期天元戦5番勝負(徳島新聞社など主催)の第4局が6日午前9時、兵庫県洲本市のホテルニューアワジで始まった。

>>>天元戦の中継はこちら

 関の2勝1敗で迎えた本局は、一力が制して天元初防衛に望みをつなぐか、関が勝って最年少天元の記録を更新するか、重要な一局となる。

 定刻の午前9時、立会人の山田規三生九段(49)の合図で先番の関七段が第一着を右上隅星(16四)に打ち下ろした。

 関が黒23(16十七)ツケなどで下辺に大模様を築くことを目指したのに対し、一力は上辺、右辺などに模様を広げ、後に下辺を攻め込む姿勢を示した。

 山田九段は「関七段の手には勢いを感じ、一力天元は実利の獲得を先行しているようだ。今後、下辺が焦点になるだろう」と話した。

 持ち時間は各3時間で、夕方には勝敗が決まる見通し。徳島新聞電子版で対局の模様を中継している。

>>>天元戦の中継はこちら