ウィザーズ戦でシュートを放つラプターズの渡辺=トロント(NBAE提供・ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAで、ラプターズの渡辺雄太は5日、本拠地トロントで行われたウィザーズ戦に途中出場し、17分22秒のプレーで7得点、2リバウンドだった。ウィザーズの八村塁は調整不足のため欠場し、今季初の日本人対決は持ち越しとなった。

 試合はラプターズが102―90で勝って、11勝13敗とした。ウィザーズは14勝10敗。