【ニューヨーク共同】週明け6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末からの上げ幅が一時500ドルを超えた。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」への警戒感がいったん和らぎ、景気に敏感とされる銘柄を中心に買いが先行した。

 午前10時現在は前週末比468・34ドル高の3万5048・42ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は30・96ポイント安の1万5054・51。